見元オリジナルビオラ& パンジー
(Viola & Pansy)
見元園芸を代表する花といえば「ビオラ」。 その特徴はビオラでは珍しい赤色を基調とした品種が多く、 うさぎを思わせるユニークな花形の品種や花径1cm以下の 極小輪サイズの品種があることです。

ビオラの魅力は、風や雨に痛みにくく休むことなく連続して 次々と花をあげること。花のはとても可愛らしく、そのほのかな 香りが心も癒してくれます。

ビオラ&パンジー (violas & pansy)


世界に飛び立つみもとビオラ(Wild Rabit)

見元オリジナルビオラは2011年からオランダにて「Wild Rabit」という名前で商品展開を始めました。

面長でうさぎを思わせるユニークな花形は世界的にも例がほとんどなく、
各品種の個性的な花色や花形に世界中の園芸愛好家から熱いまなざしが注がれています。

うさぎは犬や猫と同じぐらい世界中の童話やおとぎ話で世界の人々に親しまれてきた動物です。
不思議の国のアリス、ピーターラビット、ミッフィー、大人になった今でも見元のうさぎたちはあなたをきっと素敵な世界に連れていってくれることでしょう

見元オリジナルビオラ誕生までのStory

花づくりを始めたばかりのある日、川越さんという方が独自開発したビオラを園芸雑誌で見かけた私は、この人に会いたい!と思い立ち400km離れた宮崎県まで妻と2人で会いに行きました。
「これはすごい、絶対に自分もやってみたい!」 以来、毎年通って交配技術を教わりました。 ただ、新しい品種がすぐにできるはずもなく、市場に出しても評価されない、先の見えない暗闇の中で試行錯誤の日々が5年間続きました。 そんな時にサカタの通販様からお声をいただき、赤色のビオラを全国に売り出すことになったのです。 これが大人気となり「見元園芸」の名前を全国のガーデニストに知っていただくきっかけとなりました。 その当時は赤色のビオラは他に無く、見元園芸の研究から生まれたオリジナルカラーでした。その真っ赤なビオラに白や黄色を交配させてオリジナル品種がどんどん生み出されてきたのです。
いまでは(オーソドックスな丸弁ビオラ、野うさぎミーモに代表されるうさぎ型ビオラ、1cmほどの極小輪ビオラ、中小輪パンジー、うさぎ型パンジーなど)多岐にわたるバリエーションが生み出され、品種数は100種ほどとなっています。